豪雨の安否不明なお60人超

政府、激甚災害指定へ

土砂に埋まったカーブミラーの横を歩き捜索に向かう警察官=11日午後0時45分、広島県呉市天応地区

 西日本豪雨で岡山県は11日、広範囲にわたって浸水した倉敷市真備町地区を中心に多くの安否不明者がいると明らかにし、把握済みだった人を含めて氏名を公表した。うち約30人の生存が確認されたが、なお不明者は7府県で60人を上回っており、高齢者が目立つ。安倍晋三首相は大規模で深刻な被害を踏まえ、激甚災害に指定する考えを表明した。

 菅義偉官房長官は記者会見で、死者が計176人に上ったことを明らかにしている。共同通信の各府県まとめで死者は12府県で計174人。

 岡山県によると、県内の不明者の大半は真備町地区の住人。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

47NEWS

47NEWS