頭脳戦の末に…フランス対ベルギーの選手採点とマンオブザマッチは?

©株式会社コリー

決勝トーナメント準決勝(ベスト4)、フランス対ベルギーの試合に出場した全選手の評価採点とマンオブザマッチは以下の通り。

試合結果

得点者

51分 ウンティティ(フランス)

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

動画ハイライト

フランス

4-2-3-1

GK

7.0 ウーゴ・ロリス

DF

7.0 ラファエル・ヴァラン

7.0 サミュエル・ウンティティ

6.0 バンジャマン・パヴァール(85分out)

6.0 リュカ・エルナンデズ

MF

6.5 エンゴロ・カンテ

7.0 ポール・ポグバ

6.5 キリアン・エンバペ

7.0 ブレース・マテュイディ(86分in)

6.5 アントワーヌ・グリーズマン

FW

6.0 オリヴィエ・ジルー(85分in)

交代

採点なし ステヴァン・エンジンジ(85分in)

採点なし コランタン・トリッソ(86分in)

ベルギー

4-3-3

GK

7.0 ティボー・クルトワ

DF

6.0 トビー・アルデルヴァイレルト

6.0 ヴァンサン・コンパニ

6.0 ナセル・シャドリ(90+1分out)

6.0 ヤン・ヴェルトンゲン

MF

6.0 アクセル・ヴィツェル

5.5 ムサ・デンベレ(60分out)

6.0 マルアヌ・フェライニ(80分out)

FW

6.0 ケヴィン・デ・ブライネ

7.0 エデン・アザール

5.5 ロメル・ルカク

交代

5.5 ドリース・メルテンス(60分in)

採点なし ヤニック・カラスコ(80分in)

採点なし ミシ・バチュアイ(90+1分in)

MOM

サミュエル・ウンティティ(フランス)

共に「長所活かし」と「弱点狙い」がぶつかり合い、試合が進むにつれて、システム、ゲームプランが猫の目のように変わる頭脳戦となったが、試合を決めたのはサミュエル・ウンティティのヘディングであった。

守備ではロメル・ルカクに付かず離れずのポジションを取り続けて文句なしの働き。ボールを奪いきるシーンこそ少なかったが、その存在感も際立っていた。

また、MOMには「決勝点男」を選出したが、彼とパートナーを組んでいたラファエル・ヴァラン。攻守両面で困難な役割を高い強度で実施し続けたポール・ポグバ、ブレース・マテュイディ。ここにきて必ず一試合に一つ以上のビッグセーブを見せているウーゴ・ロリスのパフォーマンスも遜色のないレベルであった。

※出場時間が短かった選手は採点対象から除外
※10点満点の0.5点刻みでの採点
※MOM=マン・オブ・ザ・マッチ(最も印象的だった選手)
※採点者:カレン

その他の試合の選手採点を見る

【総力特集】ワールドカップ最新情報はこちらから

お知らせ

この度、Qolyでも連載経験のあるフリースタイルフットボーラーパフォーマーのtatsuya氏と共にYouTubeチャンネルを開設しました。

「二人の個人的な主観に基づき、ホットな話題や今後のサッカー界などについて徹底討論。メディアが言えない事にも、何も恐れず突っ込みます」という気構えでやって参ります。

ワールドカップ期間中にも参加国情報、Qolyで配信中のニュースの深堀なども予定しているので、ワールドカップ観戦のお供にチャンネル登録して頂けると幸いです。