東京五輪はソフト先行実施を要望

プロ野球オーナー会議

東京都内のホテルで開かれたプロ野球のオーナー会議=11日

 プロ野球のオーナー会議が11日、東京都内で開かれ、2020年東京五輪の大会組織委員会に対して、ソフトボール、野球の順に競技を行うようにできる限り働き掛けることを決めた。組織委から日本野球機構(NPB)には複数の日程案が示されており、NPBによると今月中旬の国際オリンピック委員会(IOC)理事会で決まる。

 オーナー会議はソフトボールから先に競技が実施されることを前提に2016年に五輪期間中の公式戦の中断を決めた。だが、野球が先に行われる場合は五輪開幕前から代表合宿などを行う必要があり、公式戦の中断期間が長くなるため反対意見がある。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む