千葉、高校野球で30人熱中症か

開会式と開幕戦、2人搬送

 全国高校野球選手権の東・西千葉大会の開会式と、西千葉大会の開幕戦があった千葉市の「ZOZOマリンスタジアム」で11日、高校生ら約30人が熱中症とみられる症状を訴え、野球部員2人が救急搬送された。千葉市消防局によると、いずれも軽症だという。

 千葉県高野連によると、搬送されたのは、午前10時からの開会式に参加した部員と、午後0時40分ごろからの開幕戦に出場した部員の計2人。けいれんなどの症状があり、病院で手当てを受けた。吹奏楽部員らも体調不良になった。

 気象庁によると、千葉市では11日午後1時、今年最高の32.5度を観測した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む