NY株反落、219ドル安

米中摩擦激化を警戒

11日、ニューヨーク証券取引所で働くトレーダーたち(UPI=共同)

 【ニューヨーク共同】11日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反落し、前日比219.21ドル安の2万4700.45ドルで取引を終えた。米国の対中制裁関税の拡大による貿易摩擦激化への警戒感から、売り注文が優勢となった。

 中国事業への悪影響が懸念されている建設機械のキャタピラーや航空機のボーイング、半導体のインテルが売られ、相場を押し下げた。原油価格の急反落を受けて、シェブロンなど石油株も安かった。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は42.59ポイント安の7716.61と5営業日ぶりに反落した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

So-net

So-net