世界で最大3千兆円損失

女子の教育機会欠如で推計

 【ワシントン共同】世界銀行は11日、女子の教育機会が欠如していることによる損失は世界全体で推計15兆~30兆ドル(約1680兆~3360兆円)に上るとする報告書を発表した。

 女子の教育を受ける権利を訴え、2014年に史上最年少でノーベル平和賞を受賞したマララ・ユスフザイさんが電話会見し「女子教育は世界の繁栄のための投資。最優先で取り組まなければならない」と述べた。

 世銀によると、世界全体で6~17歳の女子の約1億3200万人が学校に通っていない。教育を12年間受けた女性は、教育を全く受けていない女性より仕事に就ける可能性が高く、約2倍の収入があるという。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む

Curated by

NewsPicks

NewsPicks