エンゼルス大谷、右肘再検査へ

ソーシア監督が明かす

エンゼルス・大谷

 【アナハイム共同】米大リーグ、エンゼルスのソーシア監督は11日、大谷翔平選手が19日に右肘の再検査を受けると明らかにした。投打で「二刀流」の大谷は右肘の内側側副靱帯を損傷して戦列を離れ、打者で先行復帰した。引き続き本格的な投球練習を避けているが、投手復帰も再検査後に見通しが決まる予定。

 大谷は6月6日のロイヤルズ戦が最後の登板で、7日に自身の血小板で組織の再生や修復を図る「PRP注射」を受けた。28日の検査で経過が良好だったため、投手復帰に1年以上を要する靱帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を回避する方針が決まった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Record China

Record China