愛知での不妊手術6人に

医療機関のカルテで判明

 旧優生保護法下で障害者らが不妊手術を強制された問題で、愛知県は12日、県内の医療機関に調査した結果、不妊手術を受けたことを示す5人分のカルテを新たに確認したと発表した。同県ではこれまで、当時20代の女性が不妊手術を受けたことを示すカルテが見つかっていた。

 県によると、5人は10~30代の女性。30代の1人を除く4人は、手術の適否を審査する県優生保護審査会の審査対象だった60人に含まれていた。30代の1人は、審査会資料に記載がなく、1975~84年の間に手術を受けた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む