離脱後もビザなし渡航

英白書、経済界に配慮

 【ロンドン共同】英政府は12日、欧州連合(EU)からの離脱方針をまとめた白書を発表した。EUの単一市場や関税同盟から脱退するとする一方、離脱後もEUとの自由な貿易を望み、英EU間で観光客やビジネス関係者に短期のビザなし渡航を認めるなど、EUとの緊密な関係を維持する意向を盛り込んだ。

 EUから完全離脱した場合の混乱を懸念する経済界に配慮した内容。英EUは将来の経済関係などを巡る交渉で今秋の基本合意を目指す。英政府の方針は今後の議論のたたき台となる。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む