野中と原田のア大会派遣は見送り

スポーツクライミング

©一般社団法人共同通信社

 日本山岳・スポーツクライミング協会は12日、東京都内で常務理事会を開き、今夏のジャカルタ・アジア大会代表に選出していた女子の野中生萌(TEAM au)、男子の原田海(神奈川大)の派遣を見送ることを決めた。

 男女それぞれ1チーム3人で争うスピードリレーの要員として選出したが、日本がこの種目に出場しないことを決めたため。大会後に行われる世界選手権(インスブルック=オーストリア)への調整を優先する。

 アジア大会では男子の楢崎智亜、藤井快、女子の野口啓代、伊藤ふたば(いずれもTEAM au)の計4人が個人種目に出場する。