日大“足攻”光る 大宮投手陣乱調響く

【2回戦・宮崎大宮-宮崎日大】2回表宮崎大宮無死一塁、一塁への素早い送球で併殺を決めた宮崎日大の中束龍(中央)=SOKKEN

宮崎日大11-0宮崎大宮

 【評】宮崎日大が7盗塁を絡めた攻撃で宮崎大宮を圧倒した。初回、中束龍が二盗、敵失で三塁に進み、坂木の中前打で先制。四回に3安打、3四死球などで6点を奪った。宮崎大宮は投手陣が7四死球と乱調。打線は3安打に抑えられた。

Follow

宮崎日日新聞 MIYANICHI ePRESS

on

©株式会社宮崎日日新聞社