カーエアコンから嫌な匂いがするときの原因は?

©株式会社ニッポン放送

日本では1950年代に『カーエアコン』が登場しましたが、高価なこともあって、なかなか普及しなかったそうです。そのため、夏は窓を開けて走るクルマがほとんどでした。それでもカーエアコンの快適さと便利さが広まると、1970年代になってから、急激にカーエアコンが浸透していきました。今でこそカーエアコンは基本、標準装備されていますが、90年代になるまでは、新車でも後から取り付ける、いわゆるオプション扱いでした。

カーエアコンは冷暖房や除湿、換気の他にクルマの中の空気を循環させる『内気循環』とクルマの外の空気を取り入れる『外気導入』を切り替えることが出来ます。他にもカーエアコンを使うことで、ウインドガラスが曇ったり、霜や氷が着くのを防ぐ働きがあります。

カーエアコンも部屋のエアコンと同じように日頃のお手入れが大切です。特にエアコンから嫌な匂いがする場合、その原因は『カビ(雑菌)』ですので、これを取り除く必要があります。そのためには、空気を冷やす働きをする『エバポレーター』のお手入れが必要です。『エバポレーター』とは、家庭用のエアコンの室内機にあたります。

さらに『エアコンフィルター』のお手入れも大切です。いずれもディーラーなど、専門家の方にお願いするのが一番ですが、費用の問題などもあります。ご自分で掃除される際には、説明書など十分にお読みになって下さい。

■杏樹の感想

関東地方は梅雨明けしてから、厳しい暑さが続いています。この先も酷暑、猛暑が予想されますが、扇風機や自然の風では限界があります。特にお年寄りの方の中には、電気代を気にされたり、冷えすぎるから・・・と、エアコンを使いたがらない方もいらっしゃいます。

それでも家の中でも熱中症になりますし、昔とは暑さが違いますので、ぜひ上手にエアコンを使って、熱中症の予防をして頂けたらと思います。

スズキ・ハッピーモーニング 鈴木杏樹のいってらっしゃい

ニッポン放送ほか全国ネット
FM93AM1242ニッポン放送 月~金 朝7:37から(「飯田浩司のOK! Cozy up!」内)
ネット局の放送時間は各放送局のホームページでお確かめください。