高齢者から詐欺、25歳の「受け子」逮捕 決め手は“両手首”

尼崎南署=尼崎市昭和通2

 息子を装って60代の女性から現金250万円をだまし取ったとして、兵庫県警捜査2課と尼崎南署は13日、詐欺の疑いで、自称静岡県三島市、自営業の男(25)を逮捕した。

 逮捕容疑は7月4日、何者かと共謀し、兵庫県尼崎市内のパート女性(62)宅に長男を装って「既婚の女性を妊娠させた。示談金が必要」などと電話した上で、同市内のJR立花駅付近の路上で弁護士事務所の職員を名乗って女性の夫(64)から現金250万円をだまし取った疑い。容疑を認めているという。

 同署によると、11、12日に同市内の別の女性(60)宅に同様の電話があり、通報を受けた同署は女性にだまされたふりをするよう要請。現金の受け渡し場所に指定された同駅で、改札口付近をうろうろする男に捜査員が気づき、任意同行した。その後、4日に現金をだまし取られたパート女性の夫に人相などの確認を求めたところ、両手首に白いサポーターを巻くなどの特徴が一致したという。

Follow

神戸新聞

on

©株式会社神戸新聞社

神戸新聞がもっと便利に。電子版NEXT

新聞がそのまま読める「紙面ビューワー」、調べ物に便利な「記事データベース」が人気です。ウェブならではの速報も充実。暮らしに役立つ電子版を、ぜひお試しください。

詳しく知りたい

Curated by

みやビズ

みやビズ