西日本豪雨、60人超依然不明

死者204人、警察庁

土砂崩れ現場で救助犬を使って行われる捜索活動=13日午前9時22分、広島県熊野町

 西日本豪雨で甚大な被害が出た岡山、広島、愛媛各県などでは13日、安否不明者の捜索が続いた。共同通信のまとめでは、依然として60人以上の安否が分かっていない。

 警察庁によると、被災地での死者は14府県で204人。総務省消防庁によると、13日午前4時半時点で計約6千人が避難生活を余儀なくされている。安倍晋三首相は激甚災害に指定する考えを表明。被災者向けに公営住宅や公務員宿舎など7万1千戸を確保したとしている。

 警察庁によると、死者は広島94人、岡山59人、愛媛26人、京都5人、山口、高知、福岡各3人、岐阜、兵庫、佐賀、鹿児島各2人、滋賀、鳥取、宮崎各1人。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS