ADの残業、月80時間超

番組制作会社アンケート

 テレビ番組の制作会社約120社でつくる「全日本テレビ番組製作社連盟」(ATP)は13日、加盟社を対象とした働き方に関するアンケート結果を発表した。アシスタントディレクター(AD)の平均の時間外労働(残業)が「過労死ライン」とされる月80時間を超えるなど、過酷な労働実態が明らかになった。

 アンケートは2017年6月に実施し、計55社が回答。職種別の平均残業時間は、プロデューサー(P)が52.85時間、アシスタントプロデューサー(AP)が42.04時間、ディレクター(D)が74.69時間、ADが84.16時間だった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS