「全部ダメだ!」スーネス氏、イングランド代表をしこたまボロクソ批評

©株式会社コリー

『Independent』は12日、「解説者のグレアム・スーネス氏は、イングランド代表の監督と中盤を批判した」と報じた。

先日行われたワールドカップ準決勝でクロアチアに2-1で敗れ、三位決定戦に回ることとなったイングランド。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

延長戦まで持ち込んだものの相手の流れに巻き込まれ、残り十数分というところで失点を喫してしまった。

かつてリヴァプールやサウサンプトン、ブラックバーンなどを率いたことで知られるスーネス氏は以下のように話し、中盤に大きな問題があると指摘した。

グレアム・スーネス 「敗北の原因として、中盤を強調したい。

試合を支配できなければ、大きなトロフィーを勝ち取ることはできない。

ボールを保つことができる中盤の選手がいないのならば、パスを貰えない場所にポジションを取ってはいけない。

リンガードとデル・アリの話に戻ろう。彼らは他の選手がいいプレーをすることを願い、最後だけ絡みたいと思っている。

ボールを保持すること、ポゼッションすることに関与したくはないんだ。フィニッシュでゴールを決めることだけに関わりたいのだ。

チームの構成は間違っていた。全面的に間違っていた。

彼らがまともなチームと戦った時には、今夜のように苦戦するのは必然的であったと思うね。

説明しよう。大会で最も弱いパナマとの試合でのプレーは最悪だった。そしてチュニジアと戦った。大会で2番目に弱いチームだ。

ベルギーとのグループステージ最終節は参考にならんよ。

コロンビアとのベスト16では、後半は相手のほうが良かった。延長戦で復活はしたが、ポストに当たるシュートを食らって、PKで勝ち上がっただけだ。

今夜は初めてまともなチームと戦ったのだ。ボールを持つことを好み、向かってくる相手と」