もんじゅ、燃料取り出し設備に不具合

 福井県の高速増殖原型炉もんじゅで核燃料の取り出し設備に、冷却材のナトリウムが付着して固まる不具合が発生していたことが14日、分かった。ナトリウムは空気や水に触れると激しく燃えるため慎重な取り扱いが求められている。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む