【速報】キムが通算16アンダー暫定首位

©PERFORM MEDIA SALES JAPAN 株式会社

ジョンディア・クラシック 2日目

マイケル・キムが17ホール終了時点で通算16アンダーまでスコアを伸ばし、暫定首位に浮上した Photo by Stacy Revere/Getty Images

PGATOURで動画を見る

PGAツアー第37戦 ジョンディア・クラシック/イリノイ州 TPCディアラン
 シルヴィス(イリノイ州)で開催されているジョンディア・クラシック。日本人選手は出場していない。大会2日目は悪天候のためサスペンデッドになった。

 2日目終了時点で暫定首位に立ったのはマイケル・キム(米国)。17ホール終了時点で通算16アンダーまでスコアを伸ばし、後続に4打差をつけた。

 キムは8アンダー2位で2日目を迎え、この日は1番ホールからスタート。2番パー5でバーディを先行させると、5番パー4、6番パー4、8番パー4、9番パー4でもバーディを奪い、前半を5アンダーで折り返した。

 後半に入ると、11番パー4でバーディを加えた後、13番パー4と14番パー4でバーディを重ねたが、18番パー4の第2打を打ち終えた時点で悪天候のためサスペンデッドとなった。

 結局、この日のスコアは17ホール終了時点で8バーディ、ノーボギーの8アンダー。通算16アンダーまでスコアを伸ばし、後続に4打差をつけて暫定首位に浮上した。

デビッド・ハーンが7アンダー64でプレーし、通算12アンダー暫定2位タイに浮上した Photo by Stacy Revere/Getty Images

 首位と4打差の通算12アンダー暫定2位タイに、デビッド・ハーン(カナダ)、スティーブ・ウィートクロフト(米国)、ジョンソン・ワグナー(米国)の3人が並んでいる。

 ハーンは7アンダー64、ウィートクロフトは3アンダー68、ワグナーは5アンダー66ですでにホールアウトしている。

 首位と5打差の通算11アンダー暫定5位タイに、出場選手の中で世界ランキング最上位(15位)のフランチェスコ・モリナリ(イタリア)、マット・ジョーンズ(豪州)、ブロンソン・バーグーン(米国)の3人が続いている。

 モリナリは5アンダー66、ジョーンズは8アンダー63ですでにホールアウトしており、バーグーンは15ホール終了時点のスコアとなっている。

 前年覇者のブライソン・デシャンボー(米国)は、右肩痛のため初日15ホール終了時点で途中棄権している。

MORE:ジョンディア・クラシックの最新スコアはここをクリック!