国が長崎国際テレビの事業を採択へ 放送コンテンツ海外展開強化

©株式会社長崎新聞社

 長崎国際テレビ(NIB)がタイで企画するインバウンド(訪日外国人客)誘致事業が、総務省の放送コンテンツ海外展開強化事業に採択される見通しとなった。採択されれば3年連続となる。

 長崎国際テレビ(NIB)は2016年度から、タイのタレントが長崎県を巡る旅番組を同国の放送局に制作してもらう形で情報発信。番組に連動した観光と食のイベントも首都バンコクで開催した。

 長崎国際テレビ(NIB)によると、今回のキーワードは「道の駅」。レンタカーを使った個人旅行者の周遊を想定し、長崎県内各地の魅力を紹介する。9月にタイから撮影クルーを招きロケを行い、年内にタイで30分番組計4話を放送予定。長崎県や長崎県観光連盟と連携する。

 同強化事業は、総務省が外国からの誘客増や地域産品の販路拡大を狙い公募。58件の申請から26件を採択候補に選出した。