高原ルート再開見送り 草津白根山防災協

 草津白根山防災会議協議会(会長・黒岩信忠町長)は13日、群馬県草津町役場で分科会を開いた。同山の白根山の噴火警戒レベルが「2」(火口周辺規制)に引き上げられたことに伴う志賀草津道路(国道292号)の通行止めについて、解除の是非を話し合ったが、「火山活動は終息に向かっていない」として、規制解除の目途は示されなかった。

 黒岩信忠町長は会議後、報道陣の取材に応じ、「(開通に向けて)現時点では打つ手がない。気象庁に通行ができる科学的に根拠のある基準を作るよう求めた」と説明した。

©株式会社上毛新聞社