賀露の海岸懸命の清掃 観光関係者ら

砂浜に漂着したごみを拾う参加者=13日、鳥取市の賀露西浜海岸

 豪雨で多量の流木などが漂着した鳥取市の賀露西浜海岸で13日、関係団体によるボランティア清掃が行われた。強い西日の中、参加者が懸命に木々やごみを拾い集めた。同海岸は14日に海開きする。

 海岸には5日からの豪雨で千代川から流れ込んだ木やごみが漂着した。8日から重機が入り大型のものは取り除いたが、細かい草木が点在。海水浴客に安心して楽しんでもらおうと、地元の観光関連団体や港湾事業者、漁業関係者など100人以上が集まり、砂浜約6ヘクタールを掃除した。

 賀露みなと観光協会の松本みゆきさん(48)は「皆さんに集まって清掃していただきうれしい。(海水浴客には)安心して安全に楽しんでもらいたい」と話した。(佐々木駿)

©株式会社新日本海新聞社