九州の被災路線1年ぶり全線再開

JR久大線、豪雨の復旧完了

©一般社団法人共同通信社

JR久大線の全線運転再開を記念し、博多駅で行われた式典。左は観光列車「ゆふいんの森」=14日午前

 昨年7月の九州北部の豪雨で被災し大分県日田市の一部区間で不通が続いたJR久大線が14日、約1年ぶりに全線での運転を再開した。この期間、迂回ルートで運行していた博多(福岡市)と大分県を結ぶ観光列車「ゆふいんの森」が正規経路での運行に切り替わり、JR九州は出発駅の博多駅で同日午前、復旧の完了を記念する式典を開いた。

 沿線の被害が大きかった久大線の全線再開は、復旧のシンボルと位置づけられ、沿線の観光客増加への呼び水にもなりそうだ。

 式典が開かれた博多駅ホームには多くの人々が集まり、JR九州の青柳俊彦社長は「日本中や世界にアピールしたい」とあいさつした。