体操の渡辺会長、訪朝終える

東京五輪参加へ意見交換

平壌国際空港で元吉友体育次官(右)に見送られる国際体操連盟の渡辺守成会長=14日(共同)

 【平壌、北京共同】北朝鮮体操協会の招待で同国を訪れていた国際体操連盟(FIG)の渡辺守成会長は14日、3日間の訪朝を終えた。北朝鮮が参加の意向を表明している2020年東京五輪に向けた協力については「話は出なかった」と語った。

 渡辺氏は平壌で、北朝鮮オリンピック委員会委員長を務める金日国体育相と会談したほか、体育施設や体操選手らの練習を視察した。

 平壌国際空港では元吉友体育次官が見送った。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る