三沢の公園にクマ 相次ぐ目撃情報、市民に注意喚起

当面の間、立ち入り禁止となった三沢公園=13日午後1時5分ごろ

 13日午前8時半ごろ、三沢市新町4丁目の三沢公園内でクマ1頭を目撃したと、散歩中の女性から三沢署に通報があった。市は公園への立ち入りを当面禁止とし、防災行政無線で市民に注意を呼び掛けた。

 市内では6月20日以降、目撃情報が相次ぎ、今回で4件目。今月9日には、上久保小から北へ約600メートルの北村公園近くの山林で目撃された。

 住宅地近くでの目撃が続いたことから、市は13日、三沢署や市消防本部、猟友会と市役所内で緊急対策会議を開催。休日祝日となる14~16の3日間、人数を増やして巡回し、警戒を強めることを確認した。既に1カ所に設置しているわなの増設も検討する。会議の座長を務める山本優経済部長は取材に「目撃されたのは同じクマの可能性が高い。住民の安全確保のため適切に対応していく」と語った。

 公園が学区内の上久保小は集団下校などの措置を取った。17日以降も通学路の見守りを強化する。瀧野昭彦校長は「学校としてできることをして、PTAの協力を得ながら児童の安全安心に努めたい」と話した。

 三沢公園の近くに住む女性(63)は「本当にここで出たのかという驚きしかない。気を付けて外出したい」と不安そうに語った。

Follow

デーリー東北

on

©株式会社デーリー東北新聞社