ラベンダー活用、初のイベント 15日、くずまき高原牧場で

くずまき高原牧場で見頃を迎えているラベンダー。15日にラベンダーを活用したイベントが開かれる

 葛巻町畜産開発公社(理事長・鈴木重男町長)が運営するくずまき高原牧場で15日、見頃を迎えているラベンダーを活用したイベント、ラベンダーフェスタ2018が初開催される。盛岡市内丸の地域福祉アロマケアラー協会(栃内恵子代表理事)と共催し、ラベンダーを生かした多彩なアロマケアやワークショップを開催する。

 「五感を満たし癒やされ元気になる1日」をコンセプトに、牧場で摘み取ったラベンダーで行う有料の芳香蒸留会、タッチケア無料体験、ソフト整体などを行い、キャンドル作りなどのワークショップも開催する。県内を中心にアロマ関係の14事業者が出店予定。

 会場ではピザやソフトクリーム、チーズなど牧場ならではのグルメを味わえるほか、音楽ミニライブも繰り広げる。午前10時~午後3時。牧場では16日まで200円でラベンダーの摘み取り体験を行っているが、15日は無料で体験できる。

Follow

岩手日報WebNews

on

©株式会社岩手日報社

IWATENIPPO岩手日報

岩手のニュースやスポーツ、お得な情報をリアルタイムでお届け。岩手日報社の公式サイトです。

サイトはこちら