「夏は着物が一番!」岩下尚史が語る、日本の夏の“粋な装い”

©ジグノシステムジャパン株式会社

さまざまな趣味と娯楽の奥深い世界をご紹介するTOKYO FMの番組「ピートのふしぎなガレージ」。7月7日(土)放送のテーマは「夏の装い」。7月に入り、いよいよ夏も本番。気象庁の長期予報によると、今年の夏も全国的に「気温は平年並みか高い」見込みとのことで、相変わらずの猛暑が予想されます。海に山にプールに帰省にお祭りに花火にと、何かと出かける機会も多いこの季節。今回は「夏の装い」について、TOKYO FMの番組の中で、伝統文化評論家の岩下尚史さんに教えていただきました。
(TOKYO FM「ピートのふしぎなガレージ」2018年7月7日(土)放送より)

※写真はイメージです。

◆「日本の夏は着物が一番!」伝統文化評論家 岩下尚史さん

── 岩下さんは今日も着物なんですね。

さすがに私がTシャツを着て歩いていたら、ちょっと問題ですから(笑)。そもそも似合う人と似合わない人がいて、Tシャツに短パンは、よっぽどいい男じゃないと似合いません。私がやったら、朝、新聞を取りに出た格好のままにしか見えないでしょう。

夏なのに白麻の三つ揃えのスーツを涼しげに着こなしている人は本当にお洒落に見えますね。私はいつも着物ですが、半襦袢なのでそこまで暑くありません。化繊なので汗をかいても家に帰ったらジャブジャブ洗えますし。襟も化繊で、ミシンで縫ってあるのでそのまま洗います。上に着ているのは夏塩沢といって、シャリ感のある薄手の生地の羽織です。

── 着物って夏は暑くないですか?

よくそう聞かれますが「洋服よりも涼しいです」と答えると「そんなわけがない」と言われます。確かにTシャツに短パンでいいならそのとおり。でも、三つ揃えを着なくちゃいけない状況だってあるわけです。ネクタイを締めて、カフスを留めて、革靴の紐を結んで……なんてことを考えたら、風の入る着物のほうがマシです。

着物は日本の伝統なので、日本の気候に合っています。着物は着るのが大変という人もいますが、形を修正するのではなく、形に合わせて着れば良いだけ。私なんて3分で着られます。三つ揃えを着るのには20分弱かかるので、着物のほうが圧倒的に楽です。

── 夏におすすめの和服ってありますか?

着物でしたら、5月までは袷(あわせ)といって裏が付いていますが、6月から裏が付いていない単衣(ひとえ)になります。さらに梅雨が明けると、絽(ろ)で少し透けた感じに。夏の真っ盛りは紗(しゃ)。セミの羽みたいに完全に透ける生地を着ます。夏は麻の着物が気持ちいいですね。いちいちシワを直そうとするのは下品なので、そのままにしておいて、家に帰ってから伸しをかけましょう。

甚平は部屋着なので外出には向きません。浴衣も、もともとはあくまで汗取りで、湯上がりに羽織るバスローブのようなものでした。ただ、最近は外出着として定着しましたね。縁日くらいなら素足のほうが涼しげですが、女性だと手入れが大変なので、浴衣でも足袋を履いたほうが楽という考え方もあります。

TOKYO FMの「ピートのふしぎなガレージ」は、《サーフィン》《俳句》《ラジコン》《釣り》《バーベキュー》などなど、さまざまな趣味と娯楽の奥深い世界をご紹介している番組。案内役は、街のはずれの洋館に住む宇宙人(!)の博士。彼のガレージをたまたま訪れた今どきの若者・シンイチと、その飼い猫のピートを時空を超える「便利カー」に乗せて、専門家による最新情報や、歴史に残るシーンを紹介します。

※「ピートのふしぎなガレージ」では、毎週3名の方にホットサンドクッカーをプレゼント! 詳しくは番組サイトをご覧ください。

あなたの知的好奇心をくすぐる「ピートのふしぎなガレージ」。7月14日(土)の放送のテーマは「練り物」。お聴き逃しなく!


【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2018年7月15日(日)AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。


<番組概要>
番組名:ピートのふしぎなガレージ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国37局ネット
放送日時:TOKYO FMは毎週土曜17:00~17:50(JFN各局の放送時間は番組Webサイトでご確認ください)
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/garage