第2ラウンドはサスペンデッド M・キムが暫定首位、F・モリナリが暫定5打差で決勝Rへ

マイケル・キムが暫定で単独首位に浮上(撮影:GettyImages)

<ジョン・ディア・クラシック 2日目◇13日◇TPCディアラン>

19日から行われる海外メジャー「全英オープン」前の最後の試合、「ジョン・ディア・クラシック」の2日目は、悪天候のため全員のホールアウトを待たずにサスペンデッドとなった。

首位と1打差・2位から出たマイケル・キム(米国)は17ホールまでプレーし、とトータル16アンダーで暫定単独首位に浮上した。

4打差の暫定2位タイにはデビッド・ハーン(カナダ)、ジョンソン・ワグナー、首位発進を決めたスティーブ・ウィートクロフト(ともに米国)の3人が続いている。

6月の「クイッケン・ローンズ・ナショナル」で優勝したフランチェスコ・モリナリ(イタリア)は「66」をマークしてトータル11アンダーで暫定5位タイ。2試合連続優勝にむけて好位置で決勝ラウンドに駒を進めた。

松山英樹は欧州ツアー「アバディーン・スタンダード・インベストメンツ スコティッシュオープン」に参戦しているため、本大会へは出場していない。

©グローバルゴルフメディアグループ株式会社