マイナビオールスターゲーム2018 全パが打撃戦制す

©株式会社日刊現代

マイナビオールスターゲーム2018 全パが打撃戦制す

29 Photos

7月13日、京セラドーム大阪でプロ野球「マイナビオールスターゲーム2018」が行われ、全パが7-6で全セを下した。試合は両チーム合わせて5本のホームランが飛び出す打撃戦となり、12年ぶりの出場で先発した松坂大輔投手から1回で5点を奪った全パが打ち勝った。1回裏に松坂投手からライトへの3ランホームランを放つなど2安打3打点と活躍した西武ライオンズの森友哉捕手がMVPに選ばれた。

昨年まで同じソフトバンクホークスに所属していた中日ドラゴンズの松坂大輔投手(左)と、ソフトバンクホークスの工藤公康監督(右)

メジャーリーグから国内復帰した(左から)松坂大輔投手、読売ジャイアンツの上原浩治投手、ヤクルトスワローズの青木宣親外野手の3人

笑顔で会見する松坂大輔投手と上原浩治投手

話をする広島東洋カープの菊池涼介内野手と日本ハムファイターズの中田翔内野手(右)ら

記念撮影する(左から)阪神タイガースのメッセンジャー投手、DeNAベイスターズのロペス内野手、ヤクルトスワローズのバレンティン外野手

オリックスバッファローズの吉田正尚外野手(左)と阪神タイガースの糸井嘉男外野手(右)

中田翔内野手を囲むセリーグ選手達。DeNAベイスターズの筒香嘉智外野手(左)、中日ドラゴンズの平田良介外野手(中央)、菊池涼介内野手(右)

バレンティン外野手とソフトバンクホークスのデスパイネ選手

菊池涼介内野手と読売ジャイアンツの岡本和真内野手

ホームランダービー、京セララウンドを勝ち抜いた筒香嘉智外野手

ホームランダービー、京セララウンドを勝ち抜いた筒香嘉智外野手と投手を務めたロペス内野手

試合前、野球殿堂入りの表彰を受ける松井秀喜氏、金本知憲氏、原辰徳氏

野球殿堂入りの表彰を受ける松井秀喜氏

12年ぶりの出場で先発した松坂大輔投手

1回を5失点と打ち込まれた松坂大輔投手

1回裏ライトへの先頭打者ホームランを放った西武ライオンズの秋山翔吾外野手

松坂投手から三振を奪われたソフトバンクホークスの柳田悠岐外野手

1回裏ライトへのスリーランホームランを放ち第1戦のMVPに選ばれた森友哉捕手

勝利投手となった日本ハムファイターズの宮西尚生投手と森友哉捕手

笑顔の森友哉捕手ら全パナイン

第1戦のMVPに選ばれた森友哉捕手

第1戦のMVPに選ばれた森友哉捕手、敢闘選手賞に選ばれた(後段左から)デスパイネ選手、筒香嘉智外野手、広島東洋カープの鈴木誠也外野手

撮影:稲葉訓也

撮影日:2018年07月13日