浪速の「夏祭り」演出 大阪駅 ムード盛り上げへ

オリジナルの手ぬぐいも製作し、巨大ちょうちんや和柄の装飾で演出した会場=13日、大阪市北区の「時空の広場」

 夏祭りをテーマにしたイベント「ファンファンフェスタ2018」(大阪ステーションシティ連絡協議会主催)が13日、JR大阪駅・大阪ステーションシティの「時空(とき)の広場」で始まった。直径1・5メートルの巨大ちょうちんをはじめ、和柄の装飾で一帯を演出。天神祭などのおはやしが流れる期間もあり、浪速のお祭りムードを高めている。8月5日まで。

 広場の中央に巨大ちょうちんを設置。周りには花火柄の灯籠などを立てた。夜には明かりをともし、幻想的な雰囲気を醸し出す。一帯でくつろげるようにと、野だてなどで使う腰掛けも用意した。

 21日までは露天神社例大祭、22〜25日には天神祭のおはやしを昼から夜にかけて流す。

 縁日のように楽しんでもらおうと、土日祝日には輪投げなどができる日を用意。買い物客を対象にオリジナルの手ぬぐいを数量限定でプレゼントする企画もある。

 広報担当者は「装飾やおはやしで、お祭り気分を盛り上げてもらえれば」と来場を呼び掛けている。

©株式会社新日本海新聞社