海藻メーカーのカネリョウ海藻、LINEスタンプ作成

カネリョウ海藻が販売しているLINEスタンプ(同社提供)

 熊本県宇土市の海藻メーカーカネリョウ海藻は、無料通信アプリLINE(ライン)のスタンプを作った。海藻のキャラクターに、「地味でゴメン」「捨てないで~」などの自虐的なコメントを添えたユニークな仕上がりだ。

 1967年創業で、主力のモズクやメカブの販売シェアは国内トップ。スタンプは、1~4月の若者向けライブ配信番組内での意見をきっかけに初めて開発した。

 登場するのは、ワカメやコンブなどの海藻を擬人化した「海藻ブラザーズ」。穏やかな表情で、「グッド藻ーニング」「わけワカメ」「よろこんぶ」などのダジャレも繰り出す。

 同社マーケティング本部の米原里衣子さん(25)は「地味な印象の海藻類だが、栄養豊富。多くの人に興味を持ってほしい」と話している。

 スタンプは24種類。50コイン(120円)で購入できる。(西國祥太)

(2018年7月14日付 熊本日日新聞朝刊掲載)

©株式会社熊本日日新聞社

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから