W杯ベルギー代表選手「日本戦が最高の思い出」

©株式会社コリー

ワールドカップ準決勝でフランスに敗れ、3位決定戦に回ることになったベルギー代表。

日本戦で決勝ゴールをアシストしたトマ・ムニエは、累積警告によりフランス戦には出場できなかった。

海外の日本代表最新情報、Jリーグ超ゴールはこちら

『Sporza』によれば、彼はこう語っていたという。

トマ・ムニエ(ベルギー代表DF)

「フランスは非常に賢くプレーしたよ。

ブラジルや日本戦のほうが楽だった。彼らは自分たちのフットボールをしようとしていたからね。

フランスは命を捨てて守った。そうなると非常に難しくなる」

「(今大会で最も美しかったことは?)

間違いなく日本戦だよ。

あれは(現監督ロベルト・)マルティネスと(前監督の)ウィルモッツによる長年の取り組みの成果だ。

このグループは何年も変わっていない。あの試合は全ての取り組みの結晶だった。

メンタリティ、経験、意志…さらなる喜びになったね」