北都銀行員を逮捕 秋田県警、150万円着服容疑

©株式会社河北新報社

 秋田県警五城目署などは13日、業務上横領の疑いで、秋田市泉中央5丁目、北都銀行行員佐々木光容疑者(25)を逮捕した。

 逮捕容疑は昨年12月18日、当時勤務していた五城目町の五城目支店で、顧客の定期預金の払い戻しのために保管していた現金150万円を着服した疑い。同署によると、顧客から相談があり発覚した。

 同署は認否を明らかにしていない。同行によると、佐々木容疑者は行内調査に「やっていない」などと否定している。同支店でほかに使途不明金はないという。