<西日本豪雨>生徒が募金活動被災地へ義援金 宮城・村田高

©株式会社河北新報社

募金活動に取り組む生徒たち

 西日本豪雨の被災者支援で、宮城県村田町の村田高のJRC(青少年赤十字)に所属する生徒が11~13日、校内で募金活動を行った。生徒や教職員から計3万円以上の義援金が寄せられ、町社会福祉協議会を通じて被災地に送る。

 2年の大宮郁美さん(17)は「西日本からは東日本大震災の時にお世話になった。恩返しのためにも手助けしたい」と話した。

 同校JRCは熊本地震後も募金活動を展開。地域のごみ拾いや小学生との交流にも励んでいる。