「校舎80周」熱中症で中2搬送

大津、部活練習ミスの罰

©一般社団法人共同通信社

 大津市の南郷中でソフトテニス部に所属する男子生徒(14)が、顧問の男性教諭(31)から練習でミスした罰として校舎の周りを80周走るように言われ、途中で倒れて救急搬送されていたことが14日、市教育委員会への取材で分かった。生徒は熱中症と診断され、市教委は「行き過ぎた指導だった」としている。

 市教委によると、生徒は12日午後4時半ごろ、練習中のミスが目立っていたため、顧問に「罰として校舎の周りを80周走ってこい」と指導された。午後5時10分ごろ、生徒が倒れているところを工事業者が発見して職員室に連れて行き、その後救急搬送された。現在は安静にしているという。