奥越明成が高志を延長で下し2回戦へ

第100回全国高校野球選手権福井大会1回戦・奥越明成―高志 11回表、奥越明成・田中湧人が決勝のホームイン=7月14日、福井県福井市の福井県営球場

 第100回全国高校野球選手権福井大会第1日は7月14日、福井県内2会場で1回戦を実施。福井県営球場の第1試合は奥越明成が高志を延長十一回、8―7で下し、2回戦に進んだ。

奥越明成 002 210 101 01…8 000 110 311 00…7 高志

■奥越明成 山俊也、牧野元基、山―廣瀬楓真 ■高志 五十嵐大智、島津大河―白塚公基

 奥越明成は十一回表、1番田中湧人が四球で出て、石塚和人が犠打で送り、1死二塁。3番牧野元基が中前適時打を放ち、1点を勝ち越し8―7とした。

 その裏、高志は宮崎雄生が中前打で出て、四球で1死一、二塁まで好機を広げたが、あと1本が出なかった。

 試合の序盤は奥越明成が三、四回にそれぞれ2点ずつ得点し4―0とリード。高志は四回に1点を返すと後半に反撃し、八回を終えて6―6の同点。九回は互いに1点ずつ加え、白熱した戦いは、最後は奥越明成が振り切った。

Follow

福井新聞

on

©株式会社福井新聞社

ニュースは福井新聞D刊 

電子新聞「福井新聞D刊」はニュースが満載。福井新聞の紙面をはじめ速報、主要ニュース、特集記事などビジネスや日々の生活に役立つ情報をお届けします。

お申し込みはこちらから