八戸まちなか広場「マチニワ」プレオープン

 新たなにぎわい空間に広がる笑顔の輪-。13日、青森県八戸市三日町にプレオープンした八戸まちなか広場「マチニワ」で行われた八戸小唄流し踊り(東奥日報社主催)の参加者による輪踊り。市民も巻き込んで、夕暮れの街に溶け込んだ施設の船出を盛り上げた。

 午後6時前、市中心街での流し踊りを終えた参加者がマチニワに次々と到着し、輪踊りを披露。時間とともに踊り手が増えて輪が広がり、八戸小唄の生演奏に合わせてあでやかな踊りが繰り広げられた。

 多くの観衆が詰めかける中、浴衣に染め抜かれたカモメが舞い、情緒豊かな調べが全面ガラス張りの空間に響き渡った。

 小唄流し踊りでは、七夕飾りを彩る流麗な舞が繰り広げられた。

八戸まちなか広場「マチニワ」での輪踊りで、踊り手たちは円を描き優雅に舞った
八戸市の十三日町から三日町へかけ、各団体の隊列がゆったりとしたリズムで進行した

©株式会社東奥日報社