東北南部、梅雨明け

平年より11日早い

本日平成30年7月14日、気象庁より東北南部の梅雨明けが発表されました。

平年に比べて11日早い梅雨明けです。
なお、昨年の東北南部の梅雨明けは特定されませんでした。

東北南部は、太平洋高気圧に覆われて概ね晴れています。
東北南部では、向こう一週間も太平洋高気圧に覆われて晴れる日が多い見込みです。
このため、東北南部は、7月14日ごろに梅雨明けしたとみられます。

平年の梅雨明け
東北南部 7月25日ごろ

昨年の梅雨明け
東北南部 昨年の梅雨明けは特定しませんでした。

梅雨期間降水量(6月10日から7月13日まで)(速報値)
降水量(ミリ)平年値(ミリ)
山形 69.5 161.5
仙台 153.5 201.6
福島 90.0 178.9

(注意事項)
・梅雨は季節現象であり、その入り明けは、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。
・梅雨の時期に関する気象情報は、現在までの天候経過と一週間先までの見通しをもとに発表する情報です。
後日、春から夏にかけての実際の天候経過を考慮した検討を行い、その結果、本情報で発表した期日が変更となる場合があります。

Follow

サニースポット

on

©株式会社サニースポット

サニースポットWEB

気象情報サイトです。 可愛らしい不思議な温度計やストームグラス天気管も発売中!

詳細はこちら