県酒造組合、販路開拓など他県事例学ぶ 松山で夏期研修会

 愛媛県酒造組合の夏期研修会が13日、松山市の旅館であった。県内の蔵元関係者ら約40人が県外専門家の講演を通じ、販路開拓の事例や酒造りなどを学んだ。

日本酒の新規市場開拓の取り組みなどを説明する大土井律之副部長=13日午後、松山市

Follow

愛媛新聞社

on

©株式会社愛媛新聞社

愛媛新聞ONLINEアプリ

愛媛のイベントやスポーツ、伊方原発など、ホッとする話題から政治・経済まで。毎日、あなたにお届けします。ダウンロード無料です。

ダウンロードはこちら