東北南部梅雨明け はじける笑顔夏到来

©株式会社河北新報社

海開きした菖蒲田海水浴場で水遊びを楽しむ家族連れ=14日午前11時10分ごろ、宮城県七ケ浜町の菖蒲田浜

 仙台管区気象台は14日、東北地方南部が梅雨明けしたとみられると発表した。平年より11日早い。昨年は梅雨明け日を特定できなかった。東北北部はくもりの天気が続き、梅雨明けは16日以降とみられる。

 この日の東北南部は広く高気圧に覆われ、おおむね晴れ渡った。宮城県内は朝から気温がぐんぐん上昇。仙台は正午までに32度に達し、真夏日を記録した。向こう1週間も晴れる日が多くなるという。

 東日本大震災で被災した宮城県七ケ浜町の菖蒲田海水浴場ではこの日、昨年に続いて震災後2度目の海開きがあった。

 初日から大勢の家族連れでにぎわい、山形市から両親らと遊びに来た小学5年小沼梨音(りおん)さん(11)は「生まれて初めての海。ちょっぴり水が冷たいけど、波遊びが楽しい」と、兄弟と一緒に歓声をあげていた。