【MLB】大谷翔平、左腕から2打席連続ヒット 9回代打で左中間二塁打もチーム黒星

©株式会社Creative2

9回に代打で登場し、二塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

ドジャース左腕アレクサンダーのシンカー捉える

 エンゼルス大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、敵地ドジャース戦で代打出場し、左中間へ二塁打を放った。後続の安打で三塁まで進んだが生還はできず。チームは2-3で敗れた。

 LA対決のフリーウェイシリーズ第2幕初戦となったこの日。ナ・リーグ本拠地が舞台となるためDH制は採用されず、大谷は3試合連続ベンチスタートとなった。2-3で迎えた9回1死走者なしの場面で代打出場すると、左腕アレクサンダーと対戦。2ボール2ストライクからの6球目93.8マイル(約151キロ)シンカーを捉えると左中間への二塁打とした。大谷はこれで左腕から2打席連続ヒットとなった。

 続くブリセーノが遊撃内野安打で一、三塁と同点機を広げたが、最後はフレッチャーが三ゴロ併殺に倒れ、チームは敗れた。

(Full-Count編集部)