仙台の中規模事業者、東北外への進出「意向なし」6割超

©株式会社河北新報社

 東北地方以外への事業展開の意向を仙台市内の中規模事業者に尋ねた市のアンケートで、62.3%が域外に展開するつもりはないと答えたことが、13日の市中小企業活性化会議で報告された。

 他地域への進出の意向がないのは1023社中、616社。うち約4割が、事業所開設費用など必要なコストの負担が大きいことや、人材の不足を理由に挙げた。

 他地域に進出する意向がある事業者は11.9%。うち約6割が関東地域への事業展開を希望した。海外を進出先として挙げた事業者は8.8%だった。既に進出しているのは25.7%で、取引先の要望などをきっかけに展開を決めた事業者が多かった。

 アンケートは5月中旬~6月初旬、製造やサービスなどの中規模事業者2732社を対象に実施し、1023社が答えた。