横浜が初戦コールド勝ち、長南3ラン 高校野球南神奈川大会

©株式会社神奈川新聞社

 第100回全国高校野球選手権南神奈川大会で14日、第1シードの横浜が2回戦から登場し、逗子を9-0の七回コールドで下した。大会前の登録メンバー変更で背番号をもらった大型スラッガー万波中正が先発に名を連ねたほか、4番に座った長南有航が3ランを放った。

 横浜の4番に座った長南が夏の初戦で3ランだ。100回大会に臨む名門の船出を飾った高校通算22号アーチに「打った瞬間に入ったな、と。いい形で打てた」と好感触を口にした。

 六回1死一、二塁に逗子の瀧居が投じた低めの変化球をすくい上げた。打球は左翼手を中堅左、中堅手を右中間に詰める外野シフトの頭上を越えて、右翼スタンドへ。次戦へ向けて「いいスタートを切れた」と自信を胸にした。

【横浜-逗子】6回、長南が右翼に3ランを放ち、9-0とする