左右二枚看板が好投 長崎日大

 長崎日大の左右二枚看板、平岩と島袋が好継投で長崎工打線を零封。最速140キロをマークした右の平岩は「真っすぐが走っていた。初回から腕が振れ、大会の入りとしては満足の投球」と振り返った。
 ともに昨夏もマウンドに立ったが、準決勝で2人で6失点して敗れた。今季も納得のいく成績は残せず、前哨戦のNHK杯県大会はそろって登板なし。悔しさと、左右のエースだという自覚を胸に刻み、集大成の夏の初戦で、しっかり役割を果たしてみせた。
 相手に三塁を踏ませない安定した内容に、金城監督は「暑い中で勝ち上がるには最低二枚は必要。頂点を取るまでの戦いを意識しろと言った。それだけの球は持っているんだから」と、さらなる躍進に期待。平岩は「不安はなく強い気持ちで臨めている。今年こそは絶対負けられない」と8年ぶりの甲子園を見据えた。

【2回戦、長崎工-長崎日大】5回2/3を無失点と好投した長崎日大の平岩=ビッグN

©株式会社長崎新聞社

平成の長崎

「平成」ってどんな時代だった? 長崎の平成30年間を写真で振り返る長崎新聞特別企画サイトです

『平成の長崎』ページへ