小浜10安打大勝 2回以降、毎回得点

 小浜が二回以降の毎回得点で上五島に快勝し、3回戦に進んだ。溝田監督は「相手投手を観察する意識が高くなり、ボール球を打たなくなった」と勝因を挙げた。
 五回無死二、三塁の好機で6番酒井が見せ場をつくった。内角低めの直球を振り抜き、左翼場外に消える特大3ラン。4番で臨んだNHK杯で結果を残せず、毎晩ティー打撃に励んできた成果を発揮した。「バットの先で感触は悪かったが、入って安心した」と満面の笑みを浮かべた。
 投げては先発山本蓮が直球にカーブやスライダーを織り交ぜ、6回を零封。3回戦で創成館に敗れた昨夏以降、体重を10キロ増やしてスタミナを付けてきた。今年も3回戦の相手は創成館。エースは「自分が点を与えなければ負けないという気持ちで、丁寧にリズム良く投げたい」と雪辱を誓った。

【2回戦、上五島―小浜】5回裏小浜無死二、三塁、酒井が場外3ランを放つ=佐世保市総合グラウンド野球場

©株式会社長崎新聞社

平成の長崎

「平成」ってどんな時代だった? 長崎の平成30年間を写真で振り返る長崎新聞特別企画サイトです

『平成の長崎』ページへ