チェルシー、コンテ監督の退任を正式発表 サッリ新体制誕生へ秒読み段階か

©株式会社FACTORIES

ベンチの前から檄を飛ばすコンテ監督 photo/Getty Images

チェルシーは13日、チームの指揮官を務めていたアントニオ・コンテ監督が退任することになったと発表した。

現在48歳のコンテ監督は、2016年夏にイタリア代表の指揮官を退任し、チェルシーの指揮官に就任。2015-16シーズンを10位で終えたチームの再建の託された。すると、クラブ新記録となる13連勝を記録するなど、就任初年度から不振に陥っていたチームを見事立て直し、2年ぶりクラブ通算6度目のプレミアリーグ制覇へ導いた。

しかし、リーグ連覇を目指して臨んだ2年目の2017-18シーズンは、思うような成績を残すことができない。FA杯を制し無冠は回避したたものの、リーグ戦では最終的にチャンピオンズリーグの出場権を逃す5位でフィニッシュ。シーズン半ばから解任の噂が絶えず、チームを去ることとなった。後任は元ナポリのマウリツィオ・サッリ氏が濃厚とされる。近日中にも新指揮官の発表が行われるかもしれない。