注目ドラマ紹介:「ゼロ 一獲千金ゲーム」 NEWS加藤シゲアキ主演 「カイジ」作者のマンガが原作

ドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」第1話のワンシーン=日本テレビ提供

 人気グループ「NEWS」の加藤シゲアキさんが主演の連続ドラマ「ゼロ 一獲千金ゲーム」(日本テレビ系、毎週日曜午後10時半、初回のみ午後10時)が15日、スタートする。加藤さんはゴールデン・プライム帯の連続ドラマ初主演で、命を懸けたサバイバルゲームに参加する天才勝負師役を演じる。

 ドラマは、「カイジ」シリーズなどで知られる福本伸行さんのマンガ「賭博覇王伝 零」(講談社)が原作。建設中のアミューズメントパーク「ドリームキングダム」を舞台に、挑戦者たちによる命を懸けたサバイバルゲームが描かれる。「ゲームに勝てば1000億円」という人生の一発逆転を目指す一方で、ゲームに身を投じた若者たちが助け合い、真の友情を紡ぎ上げていく。

 加藤さんが演じる宇海零(ゼロ)は、町の進学塾で中学生に教える非正規教員だが、実は現代社会の中で苦しむ弱者たちを救う「義賊」という裏社会のヒーロー。天才的な勝負勘を持っているが、自分の勝ちより、他人を助けることを選んでしまう“弱点”もある。

 間宮祥太朗さんがサバイバルゲームに参加するクールなリアリスト・末崎セイギ、小関裕太さんがセイギとつるむ氷川ユウキ、梅沢富美男さんがゲームの主催者で総資産100兆円超の在全(ざいぜん)グループ会長・在全無量(むりょう)、小池栄子さんが在全の右腕でゲームの進行を担当する後藤峰子をそれぞれ演じる。零をしのぐ頭脳を持つライバル・標(しるべ)役は、ジャニーズJr.9人の中からオーディションで選ばれる。

 初回は30分拡大で放送される。世間では正体を名乗らず人を救う“義賊”の出現が話題になっていた。振り込め詐欺で得た金を“義賊”に奪われたヤクザの末崎(ケンドーコバヤシさん)は激怒。義賊のチカラ(加藤諒さん)とヒロシ(岡山天音さん)、スナオ(杉野遥亮さん)を拉致するが、首謀者はゼロという男らしい。

 ゼロは末崎の居場所を突き止め、3人を助けに来るが、資産100兆円を超える実業家・在全無量と幹部の峰子が現れて「在全グループの後継者を決める選抜ゲームに参加しろ」とゼロたちに言う。

 一同は、人生の一発逆転を狙う若者が集うゲーム会場ドリームキングダムへ。そこには末崎や、その弟のセイギらも参加していた。彼らを待ち受けていたのは、ランダムで振られたサイコロの目を当てるゲーム。間違えれば巨大な鉄球が落下、即死確実という「鉄球サークル」だった。勝てば1000億円、負ければ死という壮絶なサバイバルゲームが始まる……という展開。

©株式会社MANTAN