<ベガルタ>「べがる田」少年と稲の成長見守る

©株式会社河北新報社

 ◇…サッカーJ1仙台の活躍を願う仙台市若林区荒井の水田「べがる田」で13日、東北少年院(若林区)の10代の院生2人が草刈りに汗を流した。

 ◇…水田を管理する地元の農家も参加した。「祖父も農業を営んでいる。将来、手伝えたらいいな」。院生の1人がつぶやいた。

 ◇…5月中旬に植えられた稲は、背丈が膝程度。青々とした景色は秋には黄金色に変わり、豊かな実りをもたらす。稲の生育を見守る過程は、少年らの更生への道のりとも重なっている。