知英、恥ずかしい!共演者からの絶賛に

舞台あいさつでの落合モトキ、知英、稲葉友

 女優の知英が14日、都内で行われた映画『私の人生なのに』初日舞台あいさつに共演の稲葉友落合モトキ原桂之介監督と登壇し、稲葉たちからの賛辞の嵐に「お褒めだらけで恥ずかしい」とはにかんだ。

【画像】美しい!知英のレオタード姿

 本作は、脊髄梗塞で倒れ半身不随となった新体操スター選手・瑞穂(知英)が、再会した幼なじみ(稲葉)から「一緒に歌おう!」と誘われたことで、人生の新しいステージに踏み出していく姿を描いた青春映画。この日は、知英が歌う主題歌「涙の理由」の配信もスタートした。

 ギターの弾き語りについてはこれまでもやってきたというが、「映画の撮影ということで緊張しちゃって、できるかな? という不安もありました」と打ち明けた知英。「『感情が高まってきたら、そこも自然に見せてほしい』という監督の指示もあったので、JY(知英の歌手名義)としてではなく、瑞穂として歌う気分は新鮮でした」としみじみと語った。

 そんな知英との共演を「とても楽しかった」と振り返った稲葉は、「知英スゲーな! と思いながら過ごしていました」とも。知英から「どういうところが?」と詳細をせがまれると、稲葉は「詳しく聞くなよ。時間かかっちゃうよ」と一瞬渋ったものの、「役(のまま)でいさせてくれるし、現場も明るくしてくれて、大変なシーンもいっぱいあるだろうに、そういう顔を一切しないで、主演として、かわいらしい一人の女性としていてくださったので、僕は下手にやることがなくて頼りきりでした」と説明。落合も「日本語がすごい上手でスゲーなと思った」と続き、「お褒めだらけで恥ずかしい」と知英を照れさせた。

 一方で、落合と稲葉が演じる役柄は、知英いわく「何でも頼れるような男性と、意地悪だけど嫌いになれない愛らしい幼なじみ」だそうで、知英は「どっちもすてきだけど、この真ん中が欲しいな」とぼやいて会場の笑いをさらっていた。(取材:錦怜那)

映画『私の人生なのに』は公開中

©株式会社シネマトゥデイ