白鷹山が勝ち越し大相撲名古屋場所7日目・郷土勢

 大相撲名古屋場所7日目(14日、ドルフィンズアリーナ)の郷土勢は、幕下の白鷹山(白鷹)が常幸龍を寄り切りで下し土つかずの4連勝で勝ち越しを決めた。琴鎌谷(千葉、佐渡ケ嶽親方の長男)は、竜勢を寄り切って3勝目を挙げた。

  三段目の北勝鶴(鶴岡)は琴全翔を突き落としで破り、勝ち越しまであと1勝とした。琴福寿野(舟形)は佐田ノ国に寄り切られ2敗目。

 序二段の琴粂(鶴岡)は川本に寄り倒しで、最上錦(大蔵)は大当利に寄り切りで敗れた。ほかは取組がなかった。

©株式会社山形新聞社