米「黒船祭」、今年は分裂開催

主催団体と市が対立、戸惑いも

©一般社団法人共同通信社

米東部ロードアイランド州ニューポート市が主催した式典で、ペリー提督像前に並ぶ静岡県下田市の福井祐輔市長(左から2人目)ら=13日(共同)

 【ニューポート共同】黒船を率いて静岡県下田に来航したペリー提督(1794~1858年)の功績をたたえる「黒船祭」が米東部ロードアイランド州で13日、始まった。35年目の今年は主催団体と後援する同州ニューポート市が対立し、別々の式典を開催。地域住民からは戸惑いの声も出ており、訪問団を派遣している下田市も選択を迫られる形になった。

 黒船祭は同州の日米協会が提督の出身地ニューポート市で1984年から毎年主催する。姉妹都市の下田市も同名の祭りを地元で開き、双方が行き来している。

 関係者によると、祭りの運営資金の使途などで協会と同市の意見が食い違ったという。